感情を強くコントロールした決断と行動

今日は仕事の話。

私の所へ来る相談者の方達に共通する事は、悩みがいつも堂々巡りをするって言う事。

そうなる最大の原因は感情に支配されて正当な判断を見失ってしまう事。

要するに、今、何をするべきか?!で答えを導かなくてはいけないはずなのに、何をしたいか?!したくないか?!という感情論で答えを出そうとするからです。

人は、時にはしたくても、したくなくてもしなくてはならない事が起きます。その時したい事とするべき事が一致していれば問題はないのですが、するべき事が感情的にはしたくない事だと何とかそれをしないで!避けて通れないかと画策するわけで、これが問題解決を妨げ強いては更なる問題を引き起こしたりする結果になるわけです。

感情とは良い方向で作用している時は大きな力となり人の行動を押し上げてくれますが、悪い方向に働き始めると人にとって油断のならない危険な力となり蟻地獄に引き込まれるように悩みと問題の迷路を彷徨うことになります。

自分の弱さを認識し強い意志(理性)を養い感情に支配されない快適生活を送りましょう。

人とその他の動物との違いは意思(理性)により判断する能力が備わっていると言う事ですから。

もう一つ

目的や結果ばかりに拘り過ぎて何のためにやっている!やろうとしているかを見失う。

確かに、生きていく上で目的や目標!それに伴う結果は大切ですが、今目の前に有る与えられた仕事をもくもくとやる!頭でばかり考えていないで先ずはやれることからやってみる動いてみる!これも大切な事です。

目的や結果の為だけに動くのではなく、損得抜きで一生懸命やる事により結果は後からついてくる!と言う一途さ・誠実さは大切だしこれによって思いがけない大きな素晴らしい結果が得られたりすると思います。

もうすぐ節分です。節分が過ぎたら本当の意味で新しい年となりますから、心新たに良き年に向け一歩を踏み出しましょう。

| | コメント (2)

最近お客様に良く聞かれるのは、地震の話し!どんな内容かと言うと・・・2008年9月13

日震源地愛知県岡崎市で大地震が発生する!

お客様 これって本当ですか?!  地震、来ますか?!

私は  ・・・それって・・・何?誰が言ったの?!

お客様 いえ・・良く解らないけれど・・・噂で・・・?!

私    噂に振りまわされない方がいいですよ。13日は無いでしょう!

      10月にT地方・・A県方面の可能性の方が、私は感じますけどね。

こんなやり取りが頻繁です。

確かに地震は恐い!でもむやみやたらに恐れているのでは無く防災と言う観点でしっかりした準備をするしかない訳ですからね。

かく言う私はいつも殆ど何もしません。鏡が(姿見)倒れてガラスが割れて怪我をしないように固定したくらいですね。

私は運命論者なので、どんな時でも無事な人は無事!そうでない人は・・・そうでない訳なのですから・・何か有った時に無事でいられるように日頃の行いを正す事が先かと思っています。

後は、絶対!!!助かる!!!と言う強い意志の力の働きも大きいように思います。

こう言う時って言葉では言い表せない「何か強い力」を感じたりしますね。

目に見えている事が全てのように感じ思い悩む人が多いけれど、人の目に見えない事の方が断然多い訳ですから、そんな目に見えているだけの小さな世界の中だけで心配したり、恐れたり、胸を痛め思い悩むのは止めましょう。

この世の中には人の叡智を越えた不思議な大自然の力が存在するのですから、流れに逆らう事は出来ませんが流れを変える事は出来ます。

だから私達に出来る事・・・不安を取り除く最高の方法は可能な限りの準備・努力をする事!

地震に限らずどんな事に関しても同じでしょう。

しかし、震源地岡崎市!なんて何処のどなたが?言い出したのか?つい最近ゲリラ豪雨で大被害を受けたばかりなのにお気のどくな・・・迷惑な噂ですよね。例え噂でも言い気分はしませんものね。

Photo

蒸し暑い日はサッパリとした冷し中華の昼食です。

そう言えば・・・今年初めてでした!

たっぷりの人参サラダが我が家の味です。

もう1つ!マヨネーズは必需品!外だと付いてない所が殆どです。

名古屋の冷し中華はマヨネーズは欠かせません(^^)v

| | コメント (2)

立場を変えて考えてみる・・・!

最近、仕事の相談で多いのは「今の自分を変えたい!」と言う相談です。どんな風に変えたいのかと言うと・・職場での人間関係が上手く行くようにしたい!そういう人になりたい!と言う事です。

以前もこの事は触れた事が有ると思います。が今回はもう少し具体的に!

この問題点は・・・何が起きてしまうのか?!

悪気がない・・が・・何故か相手を・・人を不愉快にしてしまう言動が多い!要するに怒らせる!又はもう付き合いが無くなる・・・でも本人は何故か?理由がわからない!

悪気が無いなら・・・仕方ないではすみません!社会と言う組織の中の一員ですし!家族と言う組織の一員でも有るわけだし・・・今後の自分の結婚生活や子育てにも重大な危機をもたらす事にもなりかねませんからね。

「人を怒らせる最大の原因はその人の鈍感さである!」

共通点は・・相手の立場に立って物事を考えられない!ここで大事なのは「もし自分だったら・・」と自分目線で相手の状況や心情を考えては駄目だ!と言う事です。

(当然、余程の無神経な人で無い限りは一応は相手の事も考える筈ですからね。)

何かする時に、自分だったらどうなんだろう?!では無く!その人の・その場面の可能な限りの情報を頭に入れてその人になって考えてみる!と言うのが正しいでしょう。

何故こう言う事が起きるのか?!原因ですね。

ずばり、家庭環境でしょう。親の育て方・接し方に何かしらの問題が有る?!と思います。

とても威圧的で支配的な親・放任放置の親・仕事優先で子供と会話をしない親(指示や命令伝言は会話では有りません)

勿論、1人1人の環境によってもっと細かい原因・理由は存在するでしょう。

では、

じゃあ!どうすれば良いか!

① こう言う悩みの方の共通点は地図を読むのが苦手!道を教えるのが下手!と言う事が先ず1つ有りますから地図を読む練習と道を教える練習をする事。

② 今日1日の出来事を身近な人に極力短い言葉で解り易く説明する。

話す相手がいる人は1分間で纏めてみる。

毎日聞いてもらうのは・・・と言う人は400字で纏める日記をつける。

宜しければ参考まで・・・。

Photo Photo_2

高校時代からの親友と神戸に行ってきました。

神戸市立博物館で「ルーブル美術館展」を見て南京町へ行ってきました。

| | コメント (0)

境界線

私の所に相談にみえるお客様の殆どがいつか?何処か?で人生の境界線を踏み間違えた事から道に迷い悩みが生じた方です。

それは、とても些細な事も有れば重大な事も有ります。

良く言われる・・熱心としつこいの境界線!

親切とお節介の境界線!

優しいと優柔不断の境界線!もっともっと様々な境界線が有るでしょう!

このどれも人の目には見えません!時々思うのはこの線が皆の目に見えて解ればもっと楽に生きられる人が増えるのに。

では、間違える人とそうでない人の違いは何処に有るか?!それは、あなたが何かを遣ろうとする時!言おうとする時!相手の立場に自分を置き換えて考えていますか?!と言う事ではないでしょうか。

自分がやりたい!知りたい!行きたい!見たい!言いたい!こんな自分発信な事をしていないか良く考えてみましょう。ここを改善すれば見えない境界線が見えて来ると思います。

最後にもう1つ大事な事!男・女・若い・年配に関係なく「可愛げ」が有るのと無いのでは人生の楽しさ素晴らしさが倍・倍・倍違いますよ!

いくつになっても・いつでも可愛げのある人、そしてもう一度逢いたくなる人!こんな人になりたいと私もいつも思っています。

Photo

ガネーシャです(^_^)v先月帰省した息子が・・・

「おかん!お土産!超喜ぶよ!ぜってい気に入る」と得意げに満面の笑みでくれました(゚o゚)確かに!めっちゃ気に入りました!ツボをダイレクトに突いて来るんですね。

| | コメント (2)

言葉って難しいな

私の仕事は話すのが仕事!それは、占い師としてもそうだし・・カウンセラーとしても勿論だし・・経営コンサルタントとしてもです。時には、朝から食事をする時間も無いほど忙しくて台所で立ったままささっと有る物で済ませる何て事も有ります。そんな時は夕方を過ぎ夜の20時位になると頭とは別に口と言うか顎が動かなくなる事も有ります。こんな時は仕事が終わった後自分で何だか笑えてしまえたりします!話す事の限界を見た気がして・・・^_^;

そんな仕事の中で最近特に思ったのは「頑張って!と嫌い!」と言う言葉を使うのをやめようと思ったことです。

頑張って!についてはお客様に鬱病の方がみえて・・もう4年程になります。おみえになった当時は会社に行く事も出来ず1日の大半を布団の中で過ごす状態でした。来られる時は余程調子の良い時で・・それでも当日どうしても外に出られなくてキャンセルされる事もしばしばでした。今では毎日出勤出来英会話も習いに行き日常を楽しむまでに回復されました。

その方と話しているときに聞いた言葉がとても強く心に残っています。それは「頑張って!と言われるのが凄く辛い」と言う事でした。自分としては本当に何とかと思ってとてもこれ以上出来ない所で頑張っているのにこれ以上どう頑張れって言ううんだ!ととても苦しくなる。というお話でした。それを聞いて以来私も頑張って!という言葉を使うのを止めようと思いました。でも、これが以外に難しくて頑張っての変わりになる言葉がなかなか見つかりません。今でも時々ついつい頑張ってねと言ってしまいます。何気なく使っている言葉に潜む様々な意味深さに思案する日々です。

嫌いと言う言葉はこの言葉自体に毒と棘が含まれています。これは人を深く傷付けるしそれを使う人の品位を損ないます。そこで、この言葉の代わりに「苦手!」を使うことにしました。このほうが断然上品ではないでしょうか?!

そうは言ってもまだまだ未熟な私はついつい「頑張って!」とか「嫌いを」使ってしまう日が有ります。反省!反省です。

| | コメント (4)

良く考えれば・・当たり前な事

最近多い相談事は会社の上司とのトラブルや部下とのトラブル真逆の相談事!両方を聞いてる私は・・う~んお互い悩んでるんだね・・と思う!

上司と上手くいかない人・・・殆どの人が自分の価値観・尺度で思い込みで判断する。これくらいは・・・と思い報告・連絡・相談を怠る

              

この2つが主な原因です。こう言うと「まさか!そんな当たり前の事!」とおっしゃる方が殆どですが、本当に出来てないんです。

例えば・・ここから・・ここまで纏めておいて・・明日の資料だから!と言われて

良かれと思い・・纏めてその上ファイルした!・・・正しいじゃない!と思う人が殆どでしょう。これは、正しくは纏めたら上司の指示を仰ぐ!そして次をやる。もしくは初めに纏めた後ファイルしておきますか?と確認しておく!が正しい。次にやりたい事は上司の頭の中だけに有る場合が多いからです。上司というのは勝手にされるのがとっても嫌いな人が多いからです。だからと言って何でもいちいち聞くのも駄目!何か聞くときは一応次に指示されるだろう事を予想して次何々しておきますか?とか、こういう風にしようと思いますが宜しいでしょうか?と聞く!

「勝手な事をするんじゃ無い!!!」と怒っている上司の方多くありません?!

部下とのトラブル・・・・普通は!とか常識で考えても!と怒っている経営者や管理職の方が多いです。

しかし、普通とは・・常識とは・・何を基準の普通であり常識か?と言う事です。人は育った環境によって生活習慣が違います。そして、この生活習慣の積み重ねが性格(人格)です。1人1人皆違った普通と常識を持っていると思った方が賢明でしょう。

人を使う立場の人は自分の普通と常識もしくは我が社の普通と常識をよ~く時間を掛けて教える必要が有るわけです。とても根気の要る仕事です。

仕事が出来るか?相性はどうか?を見る簡単な方法・・銘柄・味を指定して(出来れば売り切れている事が多いもの)カンコーヒーを買って来て貰いましょう。希望通りの物を買ってきたら先ず先ずOKでしょう。試すのはプリンでもヨーグルトでもボールペンでも面白いかな?!何でもOKです。以外と買って来れませんよ。無かった時にどうするか?!という判断力・対処能力が解ります。

Photo

ちょっと・・解りづらいかなぁー最近頂いた一押しの嬉しいもの!そう、ワインボトルストッパーです(^_^)v友人のKさんが下さいました。ありがとうございます!

ワイン好きの私には最高のプレゼント!1人でフルボトル空けられないですからねー。丁度欲しくて捜してたんですね。でも、急いでいる物でもないし~何て言ってたらジャストのタイミングでした。

更に優秀なのは真ん中のピンを抜くとそのまま注ぐ事が出来るんです)^o^(

| | コメント (0)

信頼関係を作る原則・・・最終

期待や誠意を裏切ってしまったら!

謝る勇気を持つ事です。素早く心から謝る事上辺だけや口先だけの謝罪は必ず相手に見抜かれます。

電話を手に、見えない相手に何度も頭を下げて謝っている人を見た事が有ると思います。人は本当に心が伴うとそれは行動になって表れるものです。

逆に見えないからと言って、タバコやコーヒーを飲みながら謝罪の言葉を並べていてもそれは相手の心には伝わらないでしょうし相手の心を動かす事はないはずです。

失敗の言い訳はしない事。説明を求められる事と自分から言い訳を並べ立てる事は大きく違います。品性の欠ける行動は見苦しいと心に留めて下さい。

謝る事の出来ない人の共通する特徴は自分に自信が無く何らかの強いコンップレックスを持っていると言う所でしょう。

それを、人に悟られないようにとかそこにつけ込まれるとか馬鹿にされたくないからとか言う意識が強く働き誤った判断をして信頼関係を築く事が困難になるのでしょう。

プライドのおき所を勘違いしない事。

人は間違いを犯す時も有ります。だからといってそれで誰もあなたの人格を否定したり侮辱したりはしません。問題はその先に有る筈です。過ちを認めない・同じ過ちを繰り返す・過ちを人の責任にする・問題から逃げるなどの行為をする事が有れば人はこういう人を許さなくなります。

間違いを犯す事は問題である。しかし、それを認めない事はもっと大きな問題である。

3

最近読んだ本は左側の「ユダヤを知る辞典」です。とても重く深い民族の歴史の本だけに途中何度も溜息を付きながら、いつもの3倍の時間がかかってやっと読み終わりました。色んな意味で辛かった!

で!次はちょっと明るい感じの「夢をかなえるゾウ」 水野敬也 著を読み始めました。

次に読むつもりなのが「こうして私は53歳でまた東大生になった」  平岩正樹 著 これは53歳というタイトルに有る年令がツボにはまって買ってみました。

| | コメント (0)

信頼関係を作る原則・・・5

誠実さを示す

誠実さは信頼を築く為の全ての基礎になります。

では誠実さとは何か?!

嘘をつかない・下心を持って行動しない・人格を侮辱するような言動はしない。約束は守り何でも直ぐに実行する。

こう言う相手であれば人は誠実さを感じる事が出来るのでしょう。

私の仕事の性質上守秘義務と言うのが有りとても重要です。特に知り合いの紹介で・・・と言う場合によく有るのが紹介者が後で「どうでした?!」と心配されて悪気なく聞いてこられる事で・・こんな時はきっぱり「私には守秘義務が有りますからお話できませんよ」と答える事にしてます。簡単そうに思えますが意外にその瞬間の空気がピンとなったり聞かれた方が気まずく感じられたりしてしまうので、やはり笑顔を添えてを心掛けています。この場合は言わない事が最高の誠実ですから。

気になる事の1つでもあり良くないと思っている事ですが、皆さんの身近でも多分よく有りがちな事です。

『今だから言えるんだけど』とか『今だから言うけど』と言って話す人、これは大抵の場合誰かの秘密にしておくべき事や知られたくない事が話の内容の大半を占めるはずです。どれほどの期間黙っていたのか知りませんが『今だから・・・』と言う話はない筈です。今でも!いつでも!1度話さないと決めた事は話してはいけません。話さない誠実さは大切です。

Photo

少し前になりますがZENな暮らしhttp://ameblo.jp/tsukuyomi15/のツクヨミさんとランチに行って来ました。

すしの清流と言うお寿司屋さんです。名古屋市緑区亀ヶ洞1-409

電話052-878-0611

握り寿司・付きだし(カキフライ1個)・茶碗蒸・海老の御頭入り(笑)お味噌汁・手作り杏仁豆腐で1000円でした。とってもお値打ちで皆さん並んでいました!

| | コメント (0)

信頼関係を作る原則・・・4

期待を明確にする。

日常生活の中で私達は以外に言わず語らずして暗黙のうちに期待をしている事が多いと思います。

明確に述べられる事も・説明される事も無いにもかかわらず私達はその状況を持って相手の行動を評価してしまう。

人は自分の抱いている期待に合わせて相手を裁いて裏切られたと感じれば信頼関係が消失する。

多少の時間を費やしてでも思い込みでない明確な期待を相手に示す努力をする必要があるでしょう。

「普通は」・「常識じゃない」等と言ってよく憤慨している人がいますが100人いたら100通りの普通や常識が存在する位に思い、自分の価値観で相手の行動を推し量り怒り心頭などのないように気をつけましょう。

Photo

こんなカレーを見つけました。カレー好きの私としては見過ごせません!

Cid_01080211155218_____f905idocom

で!こんな感じで食べてみました!お味は・・・・普通でした。

| | コメント (0)

信頼関係を作る原則・・・3

人と人との付き合いの中で当たり前の事を書きながら、(3)迄来ました。少しは参考になっているのでしょうか?!特別な日や事ではなく日常のありふれた生活の中での気付きにお役立て下さい。

約束を守る

約束をしておきながらそれを守らない事は人間関係を作る中で大きなマイナスになります。約束の重大性には関係無くマイナスになります。

人は約束に基づいて期待を抱くようになります。買い物・食事・仕事の契約・電話・メールの連絡等々多岐にわたります。特に自分の生活と深く関わっている場合はそうです。

②で話した小さな事は大きな事で、「また連絡するわね!とか「後でねぇ~」と言うのは人によっては約束と捉えていない人も有れば、約束と捉えている人もいます。この違いは後々大きな溝を作る事にもなりかねないのです。互いに曖昧でない約束が重要でしょう。

期待を裏切る事は人の心を深く傷つけ次の約束への信頼度を大きく揺るがす結果になるのです。

約束を守ると言う事は距離の有る人と人との心に橋を架ける作業なのです。この橋を架ける事が出来た時信頼と言う財産がお互いの中に存在するのです。

『約束は守るために有る!』と言う事です!

私はこの約束の話をする時にいつも思い出す人の事が有ります。

彼女との出会いは今から20年近く前の9月の事です。ある会社の同期入社でした。

彼女は20歳で背も高くスレンダーな美人で性格はちょっと突っ張った所が有り、よく頭の固い研修所の先生とぶつかっていました。若さゆえの真っ直ぐなとても素直な子でした。

私は30歳か31歳だったと思います。中途採用の私達は新人研修・昇格資格試験の研修もいつも一緒で年は離れていましたがとても気が合って仲が良かったのです。飲みに行ったりカラオケ・食事と仕事意外でも良く遊んでいました。

年が変わりお互い忙しくなり会う機会が減った桜の咲く3月~4月にまた研修で久々に会いました。1週間の研修です。「花見にいこうねぇ」何て言いながら仕事の忙しさに話が延び延びになって・・4月9日研修の帰りに彼女が「花見!いついくの!?」って聞いてきて私は「う~ん?もう葉桜だねぇ・・明日決めよう!じゃあバイバイ」彼女「OK!バイバイ」そう行って別れて翌日10日研修最終日の試験の日!

試験の時間になっても来ない彼女を私は「遅刻???」と気にしながらもテストを終え先生のもとへ「Tちゃんは?!どうしたんですか?」と聞くと先生が小声で辛そうな顔をして「あなたなら・・・仲良かったからね・・研修に来る時に事故で意識不明の重体・・」と・・・。

そして彼女はそのまま2ヶ月頑張ったけれど1度も意識が戻る事も無く帰らぬ人になりました。

20歳の女の子のお葬式は小雨の降る中人もまばらで痛いほど淋しいものでした。成人式で着た振袖が掛けられた棺の中の彼女はただ静かに眠っていました。

彼女と出会ったのが秋・冬を過ぎて春が来て!たった3つの季節を1度づつしか一緒に過ごせなかった!夏が来たら海にも行っただろう・・色んな事を・多くの時をもっともっと一緒に過ごした筈なのに!

今でも後悔します。何で花見に行かなかったんだ!と・・・。

この事が有ってから私の中で約束の重みは尋常でないものになりました。「また、明日ね」は無いかもしれないんだ。

| | コメント (0)