« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

楽しみの1つ・・・2つ?!

Photo 楽しみの1つ目は!

2ヶ月待ちのビーフシチュウです。微妙に立ち昇っている湯気が解って頂けるでしょうか?!

そうです!お取り寄せをした1品です。結構好きなんですよねお取り寄せが!お味は美味しかったです!量がお上品なのが・・・淋しい。この倍は食べられます。

尾島商店さん。 http://www.ojimameat.com/

それ意外でも最近お取り寄せしたのは「ガゼ味噌」これは元々はバフンウニを自家製味噌と混ぜ合わせて作る保存食だそうです。ウニ好きには嬉しい美味でしたよ!

末永水産加工さん。  http://www.index-f.jp/306/suenaga/

そして楽しみの2つ目は英語の勉強です。

実は友人のらぶりーママの所へ3月22日からロシアの留学生が来ます。15歳のとっても美人な女の子です!でも、全然15歳に見えません!大人~な感じです。

この子の紹介文やメールを訳すお手伝いをしています。これは頭の中が日常とは全く入れ替わるのでストレス解消になって楽しいんですよね!勿論勉強にもなって一挙両得です。

ホストファミリーになると色々大変のようですが外野の私はただ単純に楽しみにしてます。生の英語の勉強にもなります。でも、彼女はフランス語の方が得意のようです。

3月の上旬は又東京・埼玉・横浜です。頑張ってお仕事して!後は少しは遊んで来たい!!

| | コメント (2)

海へ

先日久し振りに海を見に・・気分転換にはここが最高!幸い快晴で最高の海日和です(笑)大きくて広くて果てしない・・ただただ広がる海を見ていると頭の中の細々した色んな事がスカッと吹き飛びます!その圧倒的な大きさの前では人間は何てちっぽけなんだろう!ちっぽけな自分が更に日常のちっぽけな事何て・・・何てつまんない・・ヤメヤメ・・とスゥーとするのです。う~ん、海って良いですね!大好きです。

Photo

で!ここです!いつもの三河湾リゾートリンクス。

http://www.linx-xspa.co.jp/

リンクスに併設されているスパ(XSPA)からの眺めです。伝わりにくいですが綺麗な青空と青い海なんですよ。

Photo_2 Photo_3

そしてXSPAの3Fに有る中華料理のCHENFON((シェンフォン)で飲茶(フカヒレ餃子と小龍包)と麻婆豆腐もちろんBEERと白ワインで美味しく頂きました。

| | コメント (0)

信頼関係を作る原則・・・最終

期待や誠意を裏切ってしまったら!

謝る勇気を持つ事です。素早く心から謝る事上辺だけや口先だけの謝罪は必ず相手に見抜かれます。

電話を手に、見えない相手に何度も頭を下げて謝っている人を見た事が有ると思います。人は本当に心が伴うとそれは行動になって表れるものです。

逆に見えないからと言って、タバコやコーヒーを飲みながら謝罪の言葉を並べていてもそれは相手の心には伝わらないでしょうし相手の心を動かす事はないはずです。

失敗の言い訳はしない事。説明を求められる事と自分から言い訳を並べ立てる事は大きく違います。品性の欠ける行動は見苦しいと心に留めて下さい。

謝る事の出来ない人の共通する特徴は自分に自信が無く何らかの強いコンップレックスを持っていると言う所でしょう。

それを、人に悟られないようにとかそこにつけ込まれるとか馬鹿にされたくないからとか言う意識が強く働き誤った判断をして信頼関係を築く事が困難になるのでしょう。

プライドのおき所を勘違いしない事。

人は間違いを犯す時も有ります。だからといってそれで誰もあなたの人格を否定したり侮辱したりはしません。問題はその先に有る筈です。過ちを認めない・同じ過ちを繰り返す・過ちを人の責任にする・問題から逃げるなどの行為をする事が有れば人はこういう人を許さなくなります。

間違いを犯す事は問題である。しかし、それを認めない事はもっと大きな問題である。

3

最近読んだ本は左側の「ユダヤを知る辞典」です。とても重く深い民族の歴史の本だけに途中何度も溜息を付きながら、いつもの3倍の時間がかかってやっと読み終わりました。色んな意味で辛かった!

で!次はちょっと明るい感じの「夢をかなえるゾウ」 水野敬也 著を読み始めました。

次に読むつもりなのが「こうして私は53歳でまた東大生になった」  平岩正樹 著 これは53歳というタイトルに有る年令がツボにはまって買ってみました。

| | コメント (0)

信頼関係を作る原則・・・5

誠実さを示す

誠実さは信頼を築く為の全ての基礎になります。

では誠実さとは何か?!

嘘をつかない・下心を持って行動しない・人格を侮辱するような言動はしない。約束は守り何でも直ぐに実行する。

こう言う相手であれば人は誠実さを感じる事が出来るのでしょう。

私の仕事の性質上守秘義務と言うのが有りとても重要です。特に知り合いの紹介で・・・と言う場合によく有るのが紹介者が後で「どうでした?!」と心配されて悪気なく聞いてこられる事で・・こんな時はきっぱり「私には守秘義務が有りますからお話できませんよ」と答える事にしてます。簡単そうに思えますが意外にその瞬間の空気がピンとなったり聞かれた方が気まずく感じられたりしてしまうので、やはり笑顔を添えてを心掛けています。この場合は言わない事が最高の誠実ですから。

気になる事の1つでもあり良くないと思っている事ですが、皆さんの身近でも多分よく有りがちな事です。

『今だから言えるんだけど』とか『今だから言うけど』と言って話す人、これは大抵の場合誰かの秘密にしておくべき事や知られたくない事が話の内容の大半を占めるはずです。どれほどの期間黙っていたのか知りませんが『今だから・・・』と言う話はない筈です。今でも!いつでも!1度話さないと決めた事は話してはいけません。話さない誠実さは大切です。

Photo

少し前になりますがZENな暮らしhttp://ameblo.jp/tsukuyomi15/のツクヨミさんとランチに行って来ました。

すしの清流と言うお寿司屋さんです。名古屋市緑区亀ヶ洞1-409

電話052-878-0611

握り寿司・付きだし(カキフライ1個)・茶碗蒸・海老の御頭入り(笑)お味噌汁・手作り杏仁豆腐で1000円でした。とってもお値打ちで皆さん並んでいました!

| | コメント (0)

信頼関係を作る原則・・・4

期待を明確にする。

日常生活の中で私達は以外に言わず語らずして暗黙のうちに期待をしている事が多いと思います。

明確に述べられる事も・説明される事も無いにもかかわらず私達はその状況を持って相手の行動を評価してしまう。

人は自分の抱いている期待に合わせて相手を裁いて裏切られたと感じれば信頼関係が消失する。

多少の時間を費やしてでも思い込みでない明確な期待を相手に示す努力をする必要があるでしょう。

「普通は」・「常識じゃない」等と言ってよく憤慨している人がいますが100人いたら100通りの普通や常識が存在する位に思い、自分の価値観で相手の行動を推し量り怒り心頭などのないように気をつけましょう。

Photo

こんなカレーを見つけました。カレー好きの私としては見過ごせません!

Cid_01080211155218_____f905idocom

で!こんな感じで食べてみました!お味は・・・・普通でした。

| | コメント (0)

信頼関係を作る原則・・・3

人と人との付き合いの中で当たり前の事を書きながら、(3)迄来ました。少しは参考になっているのでしょうか?!特別な日や事ではなく日常のありふれた生活の中での気付きにお役立て下さい。

約束を守る

約束をしておきながらそれを守らない事は人間関係を作る中で大きなマイナスになります。約束の重大性には関係無くマイナスになります。

人は約束に基づいて期待を抱くようになります。買い物・食事・仕事の契約・電話・メールの連絡等々多岐にわたります。特に自分の生活と深く関わっている場合はそうです。

②で話した小さな事は大きな事で、「また連絡するわね!とか「後でねぇ~」と言うのは人によっては約束と捉えていない人も有れば、約束と捉えている人もいます。この違いは後々大きな溝を作る事にもなりかねないのです。互いに曖昧でない約束が重要でしょう。

期待を裏切る事は人の心を深く傷つけ次の約束への信頼度を大きく揺るがす結果になるのです。

約束を守ると言う事は距離の有る人と人との心に橋を架ける作業なのです。この橋を架ける事が出来た時信頼と言う財産がお互いの中に存在するのです。

『約束は守るために有る!』と言う事です!

私はこの約束の話をする時にいつも思い出す人の事が有ります。

彼女との出会いは今から20年近く前の9月の事です。ある会社の同期入社でした。

彼女は20歳で背も高くスレンダーな美人で性格はちょっと突っ張った所が有り、よく頭の固い研修所の先生とぶつかっていました。若さゆえの真っ直ぐなとても素直な子でした。

私は30歳か31歳だったと思います。中途採用の私達は新人研修・昇格資格試験の研修もいつも一緒で年は離れていましたがとても気が合って仲が良かったのです。飲みに行ったりカラオケ・食事と仕事意外でも良く遊んでいました。

年が変わりお互い忙しくなり会う機会が減った桜の咲く3月~4月にまた研修で久々に会いました。1週間の研修です。「花見にいこうねぇ」何て言いながら仕事の忙しさに話が延び延びになって・・4月9日研修の帰りに彼女が「花見!いついくの!?」って聞いてきて私は「う~ん?もう葉桜だねぇ・・明日決めよう!じゃあバイバイ」彼女「OK!バイバイ」そう行って別れて翌日10日研修最終日の試験の日!

試験の時間になっても来ない彼女を私は「遅刻???」と気にしながらもテストを終え先生のもとへ「Tちゃんは?!どうしたんですか?」と聞くと先生が小声で辛そうな顔をして「あなたなら・・・仲良かったからね・・研修に来る時に事故で意識不明の重体・・」と・・・。

そして彼女はそのまま2ヶ月頑張ったけれど1度も意識が戻る事も無く帰らぬ人になりました。

20歳の女の子のお葬式は小雨の降る中人もまばらで痛いほど淋しいものでした。成人式で着た振袖が掛けられた棺の中の彼女はただ静かに眠っていました。

彼女と出会ったのが秋・冬を過ぎて春が来て!たった3つの季節を1度づつしか一緒に過ごせなかった!夏が来たら海にも行っただろう・・色んな事を・多くの時をもっともっと一緒に過ごした筈なのに!

今でも後悔します。何で花見に行かなかったんだ!と・・・。

この事が有ってから私の中で約束の重みは尋常でないものになりました。「また、明日ね」は無いかもしれないんだ。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »